Calendar
2014年8月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

歴史

・美容食品
美容食品とは、「食べ物」だけを指す言葉ではなく、飲料水やサプリメントも含まれる。
疲労回復、アンチエイジングを目的とした酵素やコラーゲン、プラセンタが入っている飲料水やサプリメントは、女性から絶大な人気を誇る。

・アンチエイジング
抗老化、抗加齢を目指すことを目的としている「アンチエイジング」。
これには、とても長い歴史がある。昔から女性は、いつまでもキレイでいたいと望んでいた。
「パンがなければお菓子を食べればいいのに」で、有名なマリー・アントワネットも、あらゆる手法で美貌を保とうとしていた。

1990年、アメリカで、ヒト成長ホルモンに関する研究が発表された。
それをきっかに、1990年代後半から、日本の美容形成外科の医師らの一部で「若返り」を目的と治療に「アンチエイジング」という言葉を用いるようになった。
その後、化粧品業界とエステ業界を中心に「アンチエイジング」という概念と共に言葉が広がっていった。
女性向け週刊誌、ファッション雑誌でこの言葉が使われるようにもなった。
2000年代後半からは、美容特集での常連となり幅位広い年齢層の女性から求められている。

また、現在の日本で用いられる「アンチエイジング」という言葉には、2つの意味が存在している。
美容を目的として使用される場合、抗加齢医学という医学的な言葉としても使用されている。

・酵素の歴史
今や美容食品と言えば、酵素というくらい日常生活に溶け込んでいる酵素。
しかし、美容食品となるまでの歴史は意外と長い。
世界的に有名なノーベル賞で、酵素についての研究が賞を取ったのは、1924年。
日本では、それ以前から消化剤として販売されていた。

おすすめサイト

人気のパパイヤ酵素でトラブルのない肌に![パパイヤ酵素洗顔ガイド]